NIKKAN SAN 2021-01-05

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

ローカルニュース

在ロサンゼルス日本国総領事館  令和4年秋の叙勲受章者を発表

2022-11-18

ケイト・レナード氏が受章

 11月3日(日本時間)、日本政府は、令和4年秋の叙勲受章者を発表しました。在ロサンゼルス日本国総領事館管轄区域関係者では、ケイト・レナード氏が受章しました。

ケイト・レナード氏 【旭日中綬章】


 ケイト・レナード氏は、カリフォルニア州にあるサンノゼ州立大学で日本学を専攻し、1973年にはサンノゼ姉妹都市交換留学プログラムを通して岡山県に留学しました。その後、4年間大阪の会計事務所で唯一の米国人公認会計士として勤務し、日本との親交を深め、帰米後には、多くの日系企業や邦人及び日本関連団体に対し監査、会計及び国際税務等のサービス提供やアドバイスを行ってきました。

 1996年から2021年3月まで、同氏はサンディエゴ・ティファナ日本協会の理事を務め、そのうち2005年から3年間は、同理事長として、サンディエゴ地域における対日理解増進のための諸活動を推進しました。また、地元のみならず全米レベルにおける公認会計士協会の役員として、また、在日米国商工会議所のメンバーとして、国際的に活躍されました。2000年には、サンディエゴ・ビジネスジャーナルから「活躍する女性経営者(San Diego’s Women Who Means Business)」 の一人として取り上げられました。

 これらの功績が評価され、同氏は2012年にサンディエゴの日本国名誉領事に任命され、5年間サンディエゴ領事団団長も務められました。同氏は、名誉領事として、邦人援護などの領事業務への貢献のみならず、日本とサンディエゴにおける人物交流や相互理解の増進に尽力しました。また、同氏は2017年より、京都シンポジウム・オーガニゼーションの会計担当理事を務められています。令和4年6月に名誉領事としての在籍期間10年という節目を迎え、引き続き勢力的に活動されています。



Facebook   Twieet
最新のクラシファイド 定期購読
UNIONBANK 2022 pspinc JFC International Inc Cosmos Grace 新撰組2月 Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA LEMINGTON 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ