NikkanSAN_TopBanner_2023-05-07

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

特別寄稿

Vol.52 こんなとき、どうする?「日本にいる高齢の親、一時帰国でやっておきたいことは?」
 コロナが落ち着き、夏休みで日本に一時帰国する人が増える時期になりました。久しぶりに日本にいる高齢の親御さんに会う人も多いでしょう。高齢になると心身の衰えは誰にでも起こり、生活に支障が出てきます。日々の暮らしの中でケガや事故を未然に防ぎ、安全で安心な暮らしを続けていくには、早めに親の生活環境を整えることが大切です。今回は、日本に一時帰国したときに、高齢の親のために、これだけはやっておきたいことをご紹介します。
 
親の現在の状態を正確に把握する
カラダや認知症状、暮らしぶりを確認

 久しぶりに会う高齢の親はなかなか普段の様子を見せないものです。それは親子の心理が働くからです。親は家族(子ども)に会えるという嬉しさや心配をかけたくないという思いから、自分の老いや衰えを見せようとしません。また、家族は若い頃の元気な親の姿が脳裏に刻まれていて、親の老いた姿を認めたくないという思いが根底にあります。

 まずは、こういう親子の心理が働くと覚えてください。そのうえで、親の現状、特に細かい部分を確認しましょう。例えば、段差が見えづらくなり下りの階段をゆっくり歩いている。電球の取り換えなど高い所の作業ができない。冷蔵庫の中に同じ食材が沢山入っている。書類が整理されずに山積み状態、など。今までできていたことが、少しずつできなくなっているはずです。これらは身体能力の低下や認知症の初期症状を見極めるための大切なポイントです。

 
一時帰国で老人ホームを見学したAさん
まだ必要ないけれど、今のうちに候補を探す

 アメリカ在住のAさんのお母様は東京で独り暮らし。今はまだ元気だけれど、転倒骨折など、急に介護が必要になることはよくあるケースです。ただ、アメリカに住んでいるAさんは何かあったときに急対応できないため、一時帰国のときに将来検討としてお母様のために日本の老人ホームを数か所見学されました。日本の老人ホーム(高齢者向け施設・住宅)は日本全国に4万以上あり、種類も多種多様です。まずは、一時帰国前にAさんの希望をうかがい、候補をリストアップ。そこから3カ所を選び、一時帰国中に老人ホームを見学されました。入居者やスタッフの様子、食事の試食や料金体制、入居するまでのステップなどの確認をして比較検討。Aさんは実際にご自分の目で見て確かめたことで、お母様に合う老人ホームを選ぶことができ、安心して帰国されました。まだ早い!と思っていても、一時帰国中に老人ホームを見学しておくことをお勧めします。
 
意外と知らない親のこと
「介護がある暮らし」について、親の希望を聞いて家族で話し合う

 親と子どもは気持ちが通じ合っている、と言いたいところですが実際はそうではありません。親のことを家族(子ども)は意外と知らないものです。親が子どもの頃はどんな遊びをしていたのか、好きな色、好きな音楽など、この機会にぜひゆっくりと親御さんと話してみてください。そして、将来介護が必要になったら、どこで、どういうサービスを受けたいのか、他界後はどうして欲しいのか、など、親本人の希望を聞きましょう。話を切り出すには少し勇気がいるかもしれませんが、これから起こる親の介護について、今確認しておくことで家族の精神的負担が少なくなります。また、それぞれの家族には事情があるので、誰が何をするのかを事前に決めておくことで家族間のもめごとを防ぎ、いざというときのコミュニケーションがスムーズに進みます。ぜひ、家族で話し合ってみてください。
 
ひとくちメモ ~私の母84歳~ No.51
「母とエスカルゴ。おもひでぽろぽろ。ランチを」④

 母と4か月ぶりのおでかけ。私は疲労困憊で母と待ち合わせしても笑顔になれなかったけれど、神社の境内に入ると新緑の空気が気持ちよくカラダが蘇っていくように感じた。参拝後、「これからどうする?ランチにいく?」「あやさんに任せる。」という母。東京に引っ越してから、母は陶芸教室に通って楽しんでいるけれど、一緒にお茶をするような友達はできていない。母は1人では喫茶店にも入れない性格なので、ランチへ行くことにした。すぐ近くのファミレスに入ると大きな窓からケヤキの新緑が見えて、なんとも気持ち良い。窓際の席に座りメニューを見る母。「わあ!スゴイね!美味しいそうなものが沢山ある。」「わ!エスカルゴもあるね。」嬉しそうな母。(続く)

\日本にいる親の介護・実家の処分・相続などは日本のプロに相談/(初回相談無料)
 野村不動産パートナーズ㈱をはじめ各団体・企業と連携したサービスで、介護関連のお困りごとをワンストップで解決に導きます。◆毎月第四木曜日にお役立ち情報をお届け!サロンドハース・ウェビナー開催中。

【お問い合わせ:日本】一般社団法人Hearth(ハース)/
Email: hearth777@gmail.com /Tel:81-90-1402-1738 

Facebook   Twieet


最新のクラシファイド 定期購読
JFC International Inc Cosmos Grace 新撰組3月 Parexel pspinc ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA 撃退コロナ音頭 サボテンブラザーズ 





ページトップへ