Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

特別寄稿

いつも笑顔でピンチをチャンスに変えて健やかに 南加日系商工会議所 副会頭・岡山県人会 会長 藤本 章

 コロナ禍では、これから生きていくのが心配と考える人と私と同様に楽天的で前向きに考えさせられる時間が持てたと思う人に分かれます。心配な人は過去60%現在30%未来10%、前向きな人は過去10%現在30%未来60%の比率で人生を考えます。今がどうあれ大事なの未来に向けてどうするかです。自分の思い通りにならない時こそ成長するのです。楽観的、悲観的どのように見るかの状況は全て心次第です。一番大切な健康が脅かされる災難に直面していますがコロナウイルスにかからないようにルールは守り、いかに楽しく生きていくかです。人は逆境や苦境に陥った時こそ真価が問われます。気力を失えば全てを失います。気力を支えるのは希望と夢です。夢と希望を失ってはいけません。

 拙著「太平洋を渡ったもうひとつの夢」はリトル東京紀伊国屋発売月に月間ベストセラー賞になり、収益金は東日本大震災の孤児に寄付して、私の夢を本に記しています。どう考え、どう取り組み、どう行動するかで人生が大きく変わります。自分の人生を変える事が出来るのは自分のみです。ピンチがチャンス!危機(ピンチ)というのは危険(リスク)と機会(チャンス)という字から出来ています。苦しい時こそチャンスなのです。肉体は老化しても心は老化しません。私は3年前から健康に良いので詩吟を始めました。昨年母校で講演を依頼され、米国に居る日本人は日本伝統文化を大切にしていることを話し詩吟の武士道を吟じました。東日本大震災では日本人が持つ武士道の精神が再び海外のメディアでは称賛され誇らしく思えました。誰でも逆境は必ずやってきます。逆境から逃げないで努力した者、向かっていった者はいずれ必ず報われます。コロナでピンチと取るかチャンスと取るかで天と地の差があります。厳しい逆境だからこそ必ず前途に光がさしてきます。そして笑顔が原点です。笑いは健康に良いことばかりです。自律神経のバランスが良くなり癌細胞を攻撃する細胞を活性化して免疫力を上げる良い効果をもたらせるに笑いは欠かせなく、脳の快感や楽しさに関係する部位も好影響があります。

 皆様は今のご自身をどう思われていますか?コロナ禍で今一度ゆっくりご自身を見つめ直す時間が持てた喜びにしましょう。今日からの人生に心ワクワクしましょう。ご一緒に乗りこえて行きましょう。感謝。

Facebook   Twieet


最新のクラシファイド 定期購読
ユニオンバンク JFC International Inc 新撰組2020-10-27 Cosmos Grace Hondaya Parexel ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ