Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

第21回 ポエム・タウン

<成人の部 入賞作品【川柳】テーマ「ショッピング」「ギャンブル」「自由」>


半田俊夫選   野の花もそこで微笑み生きている   しその葉

佳作   勝運に外れた馬の目が悲し   アーサー中根

佳作   接待で役満振りこむ腕の冴え   永沢 卓

佳作   わが夫ベガスに行けば呆けてない   高峰みち子

日刊サン選   この結婚ギャンブルだったと妻が言う   永沢卓

TJSラジオ選   丁か半背番号決め賽の目で   西島幸彦


日刊サン選努力賞


遅すぎた他言無用の注意書   鈴木ロジー

笑いある家族のギアきしまない   石口玲

天国も地獄もあるぜラスベガス   詩月直竹

ギャンブルはするなと孫に云うヤクザ   田和紀陽子

傷つくのも温まるのも一言で   しその葉

占なつて見たい前世を猫と妻   カズエ・トツボ

爆買いに日本経済踊らされ   本めぐみ

言いづらい言は寝言でごまかせり   内アリス

負けこして魔物がいると友はいい   ヨウコ・タダ

胴巻きがパチンコしてる上野駅   ローペス文子

値引きする時間に合わせお買い物   高峰みち子

「今度こそ取り戻すぞ」と家賃かけ   アーサー中根


選者のことば

―選者・半田俊夫

投稿の皆さんの胸は創作意欲と工夫に満ちていますね。作風から熟年、達人の境地と見受けますが、句作りは脳と心の若さの​滋養。​​益々の川柳詠みに励み楽しんでください。

「野の花も―」。その野の花のひっそり可憐で爽やかに生きる姿に気づき心​惹かれる時、​​私たち​名も無く生きる人の命との共感が​生まれ…心温まる美しい句ですね。/p>

「勝運に―」。​哀愁の句。​馬の目は純で静か​でも​賭けに外れた貴男の心理の反映で悲し​く​見え​る、​​と仮定して、今度勝った時に馬の目を詠みましょう​か​。目が嬉し、になるのを祈ります​。

「接待で―」。凄腕ですね、いや、ホントは冴えじゃなくてうっかり振り込んだらアチャーの役満だった?それでも中々出来る​、いや、当たる​ことじゃありません。悔しさ痩せ我慢の自慢風味おもしろ川柳。

「わが夫―」。そうですか、​ご主人​べガスに着くと急に鋭くなる、キラッと光る貴女の観察眼。でも​本当は家でも呆けてないけど貴女に甘える​戦術​でトボケムードが​心地よいのかも。

―選者・日刊サン

全体的に皆さんクスっと笑わせてくれる川柳が多かったように思います。買い物にしろギャンブルにしろ、それぞれの楽しみ方が川柳に出ていてとても面白かったです。

「この結婚―」。面白くもあり、ロサンティックでもあり素敵な川柳だなと思いました。どんな思いで奥様は卓さんに人生を賭けたのかなと想像してしまいますね。

他にも「笑いある―」など温かみのある川柳で心がホッとします。

―選者・TJSラジオ

川柳は皮肉や自虐など、ピリッとスパイスが効いたものが特徴ですが、今回は多種多様なスパイスのある川柳が多く、楽しく選べました。特に結婚をギャンブルと捉える句が多く、その賭け、勝ったのか、負けたのかそれが気になるところですが、川柳にするくらいですから、お幸せなんですよね。

「丁か半―」。スポーツ界に切り込んだ皮肉の効いたこの一句は、時事川柳として印象深く残りました。人生で何が大切なのかをしっかりと見極め、一瞬の気の迷いに踊らされない精神力をも培って厳しいスポーツの世界で闘うアスリートは、本当に素晴らしいですよね。その姿が多くの人に感動を与えているのだと思うと、今後、このような一句が詠まれないことを願います。

最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ