Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

詩の窓辺・第10回

室生犀星


五月 室生犀星


悲しめるもののために
みだりかがやく
くるしみ生きむとするもののために
ああ みどりは輝く。

 一九一八(大正七年)、三十歳の室生犀星は浅川とみ子と結婚。同年一月に『愛の詩集』を刊行。この詩集の序文に、犀星は自己の詩観を述べている。
「自分の詩の根本は、苦悶でみなぎっている。自分の苦悶は永久で、泉のように無限であろう」
「五月」は、五年後に刊行した『青き魚を釣る人』の中に収められている。自然界の美しさは、煩悶する心の窓に、この上なく美麗に輝き、みどりは蒼翠に輝く。五月の新緑は苦悶する犀星の心を慰めたのである。
犀星の苦悶は永久で、泉のように無限だが、五月に輝く樹木の蒼翠も、「ああ みどり輝く」永久無限と詠っている。

最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ