Whale Watching 2019

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

詩の窓辺・七回

ESSOのガソリンスタンド 小野十三郎

新井雅之


ドラセナの鉢植のそばで
毒液みたいな
コーラを飲んでいた。
ガラス越しに
野末の太陽が見える。
いびつな冬の太陽は
吹きちぎれるような炎を噴いている。
とまったスポーツカーから
パタンと勢よくドアを閉めて
赤ジャケツ、黒眼鏡のあんちゃん一人降りてくる。
世界を背に
肩をゆすって
おれの方にやってきた。
「西の京へはこの道まっすぐか」
うなずくと
「ええんだとよう」
車の女に合図した。
女も黒いサングラスをかけている。
また、パタンと大きな音がした。
太陽もろとも
車は唐招提寺へまっしぐら。

山野辺の道に
ガソリンスタンド一つ。


小野十三郎(とうざぶろう)は「短歌的抒情の否定」によって、現代詩の成立を唱えた詩人として有名である。生前の小野は、人間を描くのが苦手であると語っていたが、『ESSOのガソリンスタンド』に登場する「あんちゃん」などは、実にリアルに描かれている。
晩年になって、小野は詩を書くこが益々楽しくなってきたと語っていたが、若い頃からスケッチ風の詩作を試みていたようだ。その代表格として、『ESSOのガソリンスタンド』を取り上げてみた。
平易な詩なので解説は不要である。小野の独特の詩のリズムが、読む者の心を捉えてはなさない。何の変哲もない、ひとつの状況のスケッチである。この詩の面白さは作者である「おれ」と、「あんちゃん」との対比にある。「おれ」は詩人であるのだが、無政府主義者の小野らしく、文脈には反社会的な「気配」が浮遊している。
小野先生と最後に盃を酌み交わしたのは、詩人、池田克己の未亡人が営んでいた天王寺(大阪)の、場末にあるおでん屋の屋台であった。また、近隣にある飛田新地の元妓楼料理屋『鯛よし百番』(登録有形文化財)で、小野先生を囲んで座談会をしたことが、ついこのあいだのように思えてならない。
一九九六年十月八日、日本詩壇の長老、小野十三郎歿。享年九十三。
最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ