Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

ローカルニュース

総領事公邸で天皇陛下誕生日祝賀レセプションを開催

2020-03-12

在ロサンゼルス日本国総領事館は2月20日、徳仁天皇の即位後初となる2月23日の天皇陛下誕生日に先立ち、60歳になられる天皇陛下の誕生日を祝うレセプションを、各国の領事館・政府関係者、日本にゆかりのある要人、日系諸団体の代表約400人を在ロサンゼルス日本国総領事公邸に招待して開催した。
 冒頭、武藤顕総領事は、参列者を前に英語でスピーチを行い、同総領事館管轄の南カリフォルニアとアリゾナ州は移民が多く多様性に富み、ユニークな文化を形勢しながら今もなお進歩し続けていると述べた。
 今年の最大の関心は、東京オリンピック・パラリンピックで、日本が環境技術で世界をリードしていることを誇示できる最高のアピールのチャンスであり、被災地福島で製造される水素が五輪で初めて聖火リレーのトーチに使用されることを紹介した。
 世界初のゼロ・エミッション化を目指しているロサンゼルス港に日本企業が技術支援を行い、協力していることにも言及した。
 更に今年は日米の相互協力及び安全保障条約調印から60周年という節目の年を迎え、米大統領選の結果に関わらず日米同盟の強固な関係は変わらないことを強調した。
 当日の祝賀行事は、日米国歌斉唱や来賓のスピーチ、天皇陛下の誕生日を乾杯でお祝いした。尚、招待客には、オードブル・寿司・焼き鳥・お好み焼き・デザートの他、日本酒・焼酎などが振る舞われた。
 
挨拶する武藤顕総領事 
     
日米国歌斉唱するカルテット       

参列者は天皇陛下のご健康と日米関係の発展を祈って乾杯した

人気の飛騨牛が登場



Facebook   Twieet
最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ