Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

特別寄稿

Vol.5 こんなとき、どうする?「親の主治医はだれ?意外と知らない親のこと。」
 もし、介護が必要になったらどんな暮らしを望みますか?「自宅で最期まで暮らしたい。」「自分で介護施設を選びたい。」など、親御さんの希望を聞いたことはありますか? 好きなこと、趣味、大切にしていることなど、本人には若いころから培ってきたこだわりや希望があります。介護サービスには様々な選択肢がありますが、親に代わって家族である自分が判断しなければならないことも起こります。元気なうちから介護が必要となったときの事を考え、対応しておくことは大切な備えとなります。

要介護申請で重要な主治医の存在。
「かかりつけ医」と「主治医」の違い。

 「かかりつけ医」とは、日頃から患者の既往歴(病歴)や健康状態をよく理解していて、特定の疾患だけでなく、健康上のアドバイスや生活の困りごとなどの相談もできる身近な医師のことです。いざ介護が必要になったときには、介護保険の申請をします。その際、必要になるのが『主治医意見書』です。この意見書は薬や傷病に関わる項目に加えて「食事や歩行の状態」など、本人の生活にその病気がどのような支障をきたしているのかということが書かれ、要介護認定での判断基準になります。元気なうちに、普段の生活状況をきちんと知っている「かかりつけ医」に「主治医」になってもらえるようにお願いしておきましょう。

介護が始まったら「ケアマネジャー」に相談。
家族や本人にとって頼りになる伴走者。

 介護が必要になったとき、要になるのは「ケアマネジャー」です。ケアマネジャーとは、本人や家族に代わり、「介護サービスの利用計画」である「ケアプラン」を作成する人です。介護サービスにかかる費用の計算や在宅で受けられるサービスの調整などを本人や家族の代わりに行います。ケアマネジャーは、どのような介護サービスを利用するのが最適なのかを一緒に考え、常に本人・家族に伴走して、この先どのようなことが起こるのかを教えてくれる頼りになる存在です。認知症に詳しい介護福祉士資格保有者、在宅医療に強い看護師資格保有者など、様々な強みを持つケアマネジャーがいます。厚生労働省のサイト『介護サービス情報公表システム』や地域包括支援センターにケアマネジャーのリストがありますので、ご活用ください。

今から家族で話し合っておきましょう。
親のこと、これからのこと。

 介護は突然にやってきます。もし、明日、介護が必要になったとしたら、どれくらい親御さんのことを知っていますか?
・毎日、何時に起きて、何時に寝ていますか
・習い事や趣味など、いつも出かけている所
・苦手なことや嫌いなこと
・預金通帳や保険証はどこにありますか
 親であっても自分とは違う別の人格があり、別の人生を歩んでいます。ご家族や本人が納得できる「介護のあり方」を選ぶために、今から話し合っておくことをお勧めします。

 ◆ケアマネジャー探しや介護保険などが詳しくわかる。
厚生労働省「介護サービス情報公表システム」

http://www.kaigokensaku.mhlw.go.jp/



ひとくちメモ ~私の母80歳~ No.05
「東京での新生活に向けて、引っ越し準備」の巻

 「東京で暮らしたい」という母の希望により、高齢者の独り暮らしの物件を見つけるのは至難の業と痛感するが、やっと新居が決まった。さて、母を東京につれてくる前に荷物の処分と引っ越し準備がスタート。最終立会いをするため、私も東京から実家に向かった。そして、母の家に着くと、山ほどの荷物が積まれている。「お母さん、こんなに沢山の荷物は東京に持って行けないよ。」「そんなこと言われても!これ以上、何を捨てろって言うの!」感情を私にぶつけられてもねぇ。まるで修行僧になった気分よ。私は。ふぅ。(続く)



横畠文美(Ayami Yokobatake)Email:kaigo.japan777@gmail.com

前職の㈱ベネッセスタイルケアにて新規老人ホームの立ち上げやプロモーション企画、広告宣伝企画編集に携わる。41 歳の時に仕事も家も引き払い、「世界のご高齢者の暮らし」をレポートしながら夫婦で7ヶ月間かけ世界一周。11ヶ国31都市を周り、訪れた高齢者施設は、世界各国で200 か所を超える。「介護を通じて日本と世界を幸せに」をモットーに活動中。東京都在住。


Facebook   Twieet


最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ