Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

キム・ホンソンの三味一体
vol.130 侍クリスチャン

2020-03-12

 私達は自分の選択と決断で自分の人生を築き上げていきます。自分の価値観に近いと思う政党や政治家を支持したり、その日の気分によってランチのメニューを決めたり、色々試してみた結果、やはり自分にはこの宗教が合う、という風に特定な宗教の教えに傾倒することもあります。しかし、もしかして、自分がカレーを選んだのでなく、カレーの方が自分を選んでいたり、キリストではなく仏陀の方が自分を選んでいたのだとしたら、それこそ大パニックに陥ってもおかしくありません。そこで、キリストはこういう面白いことを言っています。「あなたがたが私を選んだのではない。私があなたがたを選んだ。」(ヨハネ15:16)

 私達は長い人類の歴史を、当事者の人類のみが悪戦苦闘しながら、よくも悪くも現在に至るまでつなげて来ていると思いがちです。しかし、本当に私達だけが私達の歩みに関わって来ていたのでしょうか。もしそうでしたら、これから先の世界の運命は、人類自身の手のみにかかっていることになります。ならば、地球温暖化や国々の政治的な葛藤による争いを見る限り、世界の前途はけして楽観的だとは言えません。

 では、もし神が私達の知らないところで人類の歴史に介入していたと仮定するならどうでしょうか。しかも、その神は私達を愛しておられて救いの道へと導こうと働いておられたとするなら、人類には自分達以外にも力強い味方がいることになります。一つの実例として、明治維新を経て近代日本へと乗り出すその歩みにおいて大きな働きをした歴史的な人物が、実は聖書から大きな影響を受けていたという記録があります。私達だけだと思っていた世界に、実は神の助けと導きがあって、しかも、神の方から救いへの希望を示してくださったという歴史的な事実についてのドキュメンタリー映画の無料上映会を行う事になりました。

 第一回目は「聖書を読んだサムライたち」シリーズの1編の中から勝海舟と西郷隆盛の章です。西郷隆盛、勝海舟ら幕末維新期に活躍した坂本龍馬をめぐるサムライたちと聖書との意外な関わり、そして彼らの生き方に聖書がどのような影響を与えたのか。みんなで一緒に観てお茶を飲みながら映画の感想を語り合いましょう!

 ご連絡をお待ちしています。

無料上映会「聖書を読んだサムライたち−龍馬をめぐる五人の男たち−」
場所:復活ルーテル教会  9812 Hamilton Avenue Huntington Beach, CA 92646
時間:第一回上映会3月23日(月) 午後1時
電話:714.964.1912 khs1126@gmail.com


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

キム・ホンソン

牧師、コラムニスト、元ソーシャルワーカー、日本人の奥さんと3人の子供達に励まされ頑張る父親。韓国ソウル生まれ。中学2年生の時に宣教師であった両親と共に来日して滋賀県近江八幡市で過ごす。関西学院大学神学部卒業後、兵役のため帰国。その後アメリカの大学院に留学し、1999年からリトル東京サービスセンターのソーシャルワーカーとして働く。現在、聖霊の実ルーテル教会(Fruit of the Spirit Lutheran Church)の牧師として日本語の礼拝を行いつつ「誰でもふらっと立ち寄れる人生相談」と「誰にでもわかる聖書クラス」を運営中。 2008年8月30日、リトル 東京日韓ハーモニーコンサート主催を発端に、ロサンゼルスの日系と韓国系の交流と理解のための草の根運動にも取り組んでいる。

このコラムへの感想や質問はこちらへ → foslcommunity@gmail.com




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ