Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

Los Angelesの顔
No. 93 マイク宮本 さん

2020-01-11

パーソナルトレーナー
ボディビルダー
FIT BODYパーソナルトレーニング代表



◆2019年11月にラスベガスで開催されたMusclemania® Proの大会で初入賞を果たした感想は。

 感無量です!

◆Musclemania® Proになって7年。今回の大会に向けての準備を振り返ると。

 過去30年のボディビル経験を基に、今まで以上に基本に忠実に従いながらも、最新の理論も上手く取り入れて、45歳ながら過去最高の体を作ることができました。
 ベテランになってくると技術や知恵を使った効率的なトレーニングに頼りがちになりますが、スクワットやデットリフトなどのハードでキツいけれど効果的な基本動作を、最後まで逃げずに取り組みました。

◆「最新の理論も上手く取り入れた」とは。

 トレーニング理論として、筋肉を付けるには重量なり、刺激なりを与えるという大枠の科学は、私がボディビルを始めた30年前と比べても変わっていません。

 ただダイエットについては、大幅に科学が変わったりすることがあります。

 例えば、昔は脂質の摂取を避けるべきでしたが、現在では、脂質が肥満ホルモンのインスリン分泌に影響が少ないことが分かったので食べても大丈夫だとされています。

 また以前は、ボディビルダーは3時間置きに食事をすべきと教えられましたが、現在では、一定期間食べない時間(ファースティング=断食)を意図的に行った方が成長ホルモンの分泌を促すと主張する科学者もいます。

 今現在の科学を見極めて、状況や環境に合わせて45歳の自らの体に上手く使うことによって体を作り上げ、入賞することができました。


◆次回の大会は、1月25日にロサンゼスルで開催されるアメリカ最大級規模のフィットネスエキスポ。大会に向けての意気込みは。

 ボディビルは、私にとってハードな肉体修錬であると同時に、スプリチュアルで神聖な行為でもあり、生涯かけて追及する武士道のような存在です。それと同時に、究極の道楽でもありますので、全ての努力を楽しみたいです!


◆パーソナルトレーナーとして、一般の人々をトレーニングしているが、宮本さんの指導を受けた多くのクライアントが健康を取り戻した。健康を意識し始めたきっかけは。

 私は、日本、アメリカでのボディビル選手としての活動の他に、ボディビル雑誌で5年間コラムを掲載したり、審査員やモデル業などさまざまな経験をする機会がありました。

 その中で、短期的な私利私欲で筋肉増強剤や無理な運動で、見かけが健康そうでも体はボロボロというボディビルダーを多く見てきました。

 そこで私は、ボディビルダーとしてさまざまな経験を活かして、つかの間の見かけだけの体でなく、生涯にわたって健康で心身共に健全な体作りを追求してきました。

◆パーソナルトレーナーをするにあたり、さまざまな分野でも勉強したと聞いた。

 アメリカの大学院ではMBA(経営学修士)を取得しました。

 パーソナルトレーナーであると同時に、社会的に責任のある経営者の意識を持って、栄養学や運動生理学の知識を習得し、医学分野について、現在も日々勉強し続けて、知識をアップデートしています。

◆クライアントの年齢層と目標について。

 私が担当するクライアント様は、70歳から18歳までと幅が広いです。また、中年太りが目立ってくる40代、50代の方々を中心に、美意識の高い20代、30代などの産後太りに悩まれる世代も多いです。そして最近は60代の方の比率も増えています。

クライアントの目標達成を目指して、トレーニングを行う宮本さん


◆宮本さんのブログには、「運動嫌い、中年太り歓迎」と書かている。トレーニングは継続するのが難しいが、どのようにクライアントを応援しているのか。

 クライアント様はいろいろな方がいらっしゃるので、一人一人の好みやタイプに基づき、コミュニケーションにしろ、スケジュールにしろ、ベストな対応を心がけております。

 例えば、コミュニケーションの方法ですと、ラインやテキストで食事について聞く方が良いという方もいらっしゃいます。

 また、ある方は実際にお会いした時にゆっくり顔を見ながら相談されるのを好み、ある方はトレーニングの合間に雑談でさり気なくご質問されると、さまざまです。

◆糖尿病を患っていたクライアントや、61歳のクライアントが、健康を取り戻したことについて。

 2型糖尿病で10年間にわたり、インスリン注射をされていた方が、私のパーソナルトレーニングを受けて3ヵ月で注射が必要なくなったことがあります。

 また、61歳のクライアント様は2ヵ月半で20ポンド(9キロ)の体重を落とすことに成功されて、血液検査の結果なども全ての数値で著しく改善されました。

 健康と体に関して、クライアント様お一人お一人の前向きな熱意に、昨年、Musclemania® Proの大会に向けて準備をしていた私は非常に勇気付けられました。

◆宮本さんが指導するトレーニングの特徴は。

 私のFIT BODYパーソナルトレーニングでは、短時間で成長ホルモンが最大限分泌されるトレーニングプログラムを採用しています。

 成長ホルモンは、筋肉を作るだけでなく、脂肪を分解し、肌の張りや艶も出す美容効果があります。また60歳以上でも体に適切な刺激を与えれば分泌されることが証明されています。

 ロサンゼルスエリア在住の方には、体験パーソナルトレーニング(有料)も行っていますので、この機会にお体や健康のことについてお考えになっていただければと思います。

◆どんなことを心がけてクライアントに接しているか。

 プロのトレーナーですので、クライアント様が望む結果を出すのは当たり前ですが、結果に到達するまでのプロセスを楽しんでいただけることにより、短期の苦しいダイエットでなく、健康的な食事や運動を生涯かけて楽しめるライフスタイルにしていただけるよう心がけています。

◆パーソナルトレーナーとしての2020年の抱負は。

 日本からアメリカに移られた方は、頑張り屋さんが多く、仕事や家庭を優先し、自分の体や健康のことは後回しにしがちです。

 アメリカでの食生活は、太り易いだけでなく、生活習慣病の危険性も非常に高まりやすくなります。
 ボディビルダーとして過去30年間、自らの体で実践してきた健康で効果的なダイエットやトレーニングに関してパーソナルトレーナーとして一人でも多くの方々にお役に立てればと思います。

●FIT BODYホームページ
tgx.vivinavi.com/fit_body

●ブログ「LA在住パーソナルトレーナー『マイク宮本』」
ダイエットや健康に役立つ情報なども発信。
ameblo.jp/miyamotopro/



マイク宮本さんプロフィール 
ボディビルダー。FIT BODYパーソナルトレーニング代表。神奈川県出身。ロサンゼルス在住。Troy University卒。
2012年Musclemania®ボディビルライト級世界王者、Model Universe™世界大会公式コーチ、Ms.Bikini California™国際公認審査員、Fit Body Personal Training™代表パーソナルトレーナー。
2019年 Musclemania®Pro初入賞。
電話&テキスト:310-803-0155
Email: mike.miyamoto55@gmail.com
住所:Powerhouse Gym 22715 Hawathorne Blvd Torrance


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

日刊サン

日刊サン編集部




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ