UK治験

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

キム・ホンソンの三味一体
vol.112 敵を愛するは自分のため(?)

2019-03-07

 先日は、教会に集った皆さんとコーヒーを飲みながら「敵を愛しなさい」という聖書のことばについて話し合いました。皆さんのお話しによれば、意外と職場や学校などの生活の場に「敵」だと認識している人が存在するということでした。ここでいう敵とは、理由もなく自分に嫌みを言ってきたり、嫌がらせをし、悪口を広めたりするような、そういう人のことを指しています。そしてそのことをお話しする時の皆さんの表情というのはチラチラとなかなか厳しいものでした。そういえば私の方もうちの庭でこっそりトイレをして逃げる野良猫のことを考えたり話したりする時は、とても恐い顔になると家内に言われたことがあります。
 
 聖書のことをあまり知らない方からすると「教会は人々に無理難題を突きつけるところなのか。敵を愛するようなことでどうやってこの弱肉強食のような世の中を生きていけるのか。」とナンセンスに思えるかもしれません。しかし、実は文字通りの意味ではありません。イエスの話しを聞いていた群衆は、当時社会の中で最も貧しく虐げられていた身分の低い人々でした。「敵を愛しなさい」に続いて右の頬を打たれたら左の頬を差し出せとも書かれていますが、多くの場合当時、頬を打たれたのは身分の低い者だったようです。右利きの人が相手の右頬を打つ場合、当てるのは手の甲です。それは侮辱を込めた叩き方だそうです。そのため、身分の高い者が低い者に行う仕打ちだったと言われます。頬を打たれそうになった時に抵抗をすれば、更に酷い仕打ちを受ける、下手をすれば殺される可能性だってあります。イエスは、たとえ無様だとしても、這いつくばってでも生き抜きなさいと言っているのです。また、自分の魂がむしばまれるのは、人から受けた憎しみではなくして、自分が人に対して持ってしまう憎しみや復讐心によるものです。だからイエスが、敵を赦し愛しなさいと言ったのは、敵のためではなく、自分自身のためにそうしなさいということになります。
 
 毎週日曜日午後2時に礼拝と楽しい交わりの時間があります。聖書のことをもっと知りたい方、クリスチャンでも他宗教の方や無宗教の方でも大いに歓迎いたします。

「聖霊の実ルーテル教会」
2706 W 182nd St. Torrance, CA 90504
Khs1126@gmail.com (310) 339-9635


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

キム・ホンソン

牧師、コラムニスト、元ソーシャルワーカー、日本人の奥さんと3人の子供達に励まされ頑張る父親。韓国ソウル生まれ。中学2年生の時に宣教師であった両親と共に来日して滋賀県近江八幡市で過ごす。関西学院大学神学部卒業後、兵役のため帰国。その後アメリカの大学院に留学し、1999年からリトル東京サービスセンターのソーシャルワーカーとして働く。現在、聖霊の実ルーテル教会(Fruit of the Spirit Lutheran Church)の牧師として日本語の礼拝を行いつつ「誰でもふらっと立ち寄れる人生相談」と「誰にでもわかる聖書クラス」を運営中。 2008年8月30日、リトル 東京日韓ハーモニーコンサート主催を発端に、ロサンゼルスの日系と韓国系の交流と理解のための草の根運動にも取り組んでいる。

このコラムへの感想や質問はこちらへ → foslcommunity@gmail.com




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UK 治験 Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ