UK治験

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

旅は呼んでいる。
vol.21 ドイツ 〜ベルリン〜

2019-01-10

 シンデレラ城のモデルとされるロマンチックなノイシュバンシュタイン城やゴシック建築の最高峰ケルン大聖堂、美しい景観の古都ドレスデンなどドイツには各地に観光名所が散りばめられている。しかし、ドイツに行くなら筆者はベルリン一択だった。
 
理由は、第二次世界大戦、そしてホロコーストを引き起こしたナチ党党首ヒトラーが政権の本拠地とし、最期を迎えた場所であること、戦後は東西に分断され冷戦の象徴ともいえる“壁”があったこと…そういった悲惨な歴史の爪痕が遺されている都市だからだ。
 
 親衛隊とゲシュタポの本部跡にある“テロのトポグラフィー博物館”には、なぜ多くの国民がナチス政権を熱狂的に支持するに至ったか、その過程がわかるよう、二度と繰り返さないようにという意味を込めた資料と写真が展示されていた。当時発行されていた新聞や、街で迫害され処刑された人々、カメラに向かって笑顔を見せる親衛隊員、エルサレムで裁判を受けるアイヒマン…館内はたくさんの来場者で溢れていたのに、恐ろしいほど静謐だったのを覚えている。
 
 また、ベルリンから少し離れたオラニエンブルクという街に“ザクセンハウゼン強制収容所”がある。入り口の門には、幼い頃に見たアウシュヴィッツ強制収容所の記録映像と同じ“ARBEIT MACHT FREI(働けば自由になる)”の文字が。広大な敷地には、白いタイル張りのベッドが置かれた病棟のようなバラック、収容者を罰するためであろう三本の柱、遺体を焼くかまどなど『ここで何が起きていたのか』を肌で感じる展示物が多く、さすがに気分が重くなった。
 
 唯一観光気分でいられたのが、東西ベルリンの境界線上にあった検問所、チェックポイント・チャーリー。近年だと映画“ブリッジ・オブ・スパイ”にも登場、パスポートに当時のスタンプを押してくれるサービスもある。
 
 今年は第二次世界大戦の開戦から80年、ベルリンの壁崩壊から30年―暗い話ばかりになったので、次回はベルリンの“陽”の部分をご紹介します。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問37ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kasai_laika/
ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
UK 治験 Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ