Whale Watching 2019

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

編集部
日系ヘルプライン『 命の電話 』③   1・800・645・5341

◆リスナー・ケイコさん(仮名)

 コーラーからのお電話は、大まかに参照や照会についてが約50%、深刻な生活上の問題や人生の問題についてが約25%、そして、リピートしてお電話くださるのが約25%です。

 リピーターの方々については、精神的な悩み、精神科またはメンタル・ヘルス特定の症状がある方で、日常生活で話相手がなく、日系ヘルプラインが数少ない話相手となっている方々です。リピーターにとっては、ヘルプラインが“命の綱”のような存在であるかもしれません。

 毎週または毎日、お電話をくださる方々のために、私たちは存在していると、私は考えています。

 今、住んでいる近くには日本語で相談できる相手がいない、孤立しているなど、コーラーの環境や事情はいろいろです。『命の電話』には、他州や日本にご帰国された方からもお電話があります。人間と人間のコンタクトがとても大事だと思います。

 ネットを介してでは、「今、落ち込んでいるだよ」とか、「今、話す気がないんだよ」ということは、言えないんです。

DVの悩み

 これまでのご相談には、虐待(DV)のケースもありました。この場合は、リトル東京サービスセンターに専門家がいるので、その人に連絡します。対応できるルートがあるので、コーラーの話を聴いて、すぐに専門家に回します。リトル東京サービスセンターと繋がってることは、とても救われます。

今後の課題

 気になるのは、リピーターの方々のことです。

 私たち、リスナーには、どうしようも解決できないご相談があります。1日に幾度もお電話してこられる方もいて、そういう方たちに、どのように対応したら良いのか、また、一度しかお電話をかけてこない方で、とても深刻な問題を抱えている方のフォロアップなどはどうすればいいのかなと、気になることもあります。(④に続く)


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

日刊サン

日刊サン編集部




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ