Whale Watching 2019

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

あんな家こんな人
vol.21 孤独の星

開けましておめでとうございます。
2019年己亥、今年もコラムを宜しくお願いいたします。

クリスマスDayに映画『ボヘミアン・ラプソデイー』を観てきました。封切りから日も経ち、そろそろ空いているだろうと足を運んだのですが、未だ通路は座りこむ人まで居て、ぎっしり。伝説のロックグループ、QUEENの今は亡きボーカリストに焦点を充てた作品。素晴らしい音質と大音響のヒットナンバーで、音楽知識の無い私も、聴いたことのある曲がどんどん流れ「これもあれもクイーンなんだ!」状態でした。そして終映後の拍手。駄作の評価は、エンドロールが始まった途端に、席を立つことですが、チラホラしか見かけない、いい映画でした。
テーマは、「孤独感」と「バイセクシャル」。
実は、どちらも「四柱推命」でこれらを見ることできます。ほとんどの芸術家にとっては、アートは一般には受け入れられないことが多く、その為に孤独感を持つものです。
この「孤独感」を表す星を四柱推命では、『華蓋かがい』と云います。同時にこの『華蓋』は、芸術性やセンスを表す星でもあります。ヴエル・サーチやレオナルド・ダビンチはこの星を持つ人達です。彼らは人生で孤独感をもっていた人達ですが、みなゲイでもありました。そして私のクライアントのゲイの方々は、この『華蓋』を持っている人が多くいます。また、ゲイカップルへの禁句に「どちらが夫役でどちらが妻役?」というのがあるそうですが、四柱推命を見ることで、この回答を得る事ができます。女性としての運命の流れが合致しているか、男性としての運命の流れがそうなのかを確認することでなのです。
いづれにせよ、バイセクシャルの中で揺れ動きながらの孤独感、Queenの仲間との軋轢による孤独感、そして80年代全盛のエイズが彼を連れていきました。
畏敬の念を持って、次回は日本字幕付を、と思っています。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

改運屋ドラゴンゴッド 小椋かよこ

全米発日系風水店DRAGONGOD風水師、黒門アカデミー認定講師。’09年NY・NJ州に開業。東京タワー、マザー牧場始め、経営者、医療関係、飲食店、IT企業、米有名ロックバンド、ハリウッド映画等。CA、NY、ハワイ、日本に顧客。




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ