最上のほめ方

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

旅は呼んでいる。
vol.17 イスラエル ~エルサレム、ベツレヘム~

2018-11-08

 映画“ダ・ヴィンチ・コード”が話題になっていた頃、「内容がイマイチわからなかった」という知人が結構いた。理由はずばり、宗教的な要素が多く、あれこれ考察している間にストーリーが進んでいってしまった…というもの。
 
 あらゆる享楽に耽ったが、結局は虚しかった。人間は苦労して働き、ご飯を食べ、愛し合い、楽しんで生きることこそが幸福なのだ―旧約聖書で最も好きな文書、“コヘレトの言葉”を記したソロモン王。彼が建設した神殿の名残である『嘆きの壁』を前に、厳粛な気持ちで一礼をしてから、ささやかな願いを書いた紙を壁に挟んだ。
 そういえば、現地の方に「日本人は無宗教なのだろう?」と聞かれて戸惑い、国や宗教に関係なく、敬うべきと感じたものは敬うのだと伝えたかったが、そのニュアンスは上手く表現出来ず残念だった。
 
 イエス・キリスト生誕の地とされるベツレヘムは、パレスチナ自治区ということで厳重な境界線をくぐる時点で緊張が走ったが、実際訪れてみるととても友好的で平穏な空気。タクシーの運転手は聖書にまつわる話以外にも、車を走らせながら「あれはバンクシーの絵だよ!」と親切に教えてくれた。聖誕教会は、文字通りイエス・キリストが生まれた神聖な場所。何を感じたかというと、ひたすら、今、自分はものすごい場所に立っているのだ!という感動が大きかった。
 
 なお、イスラエルは入国審査が厳しいことで有名だ。案の定小一時間ほど質問攻めにあい、荷物の中身を全て検査された。量が少なすぎる、この魚眼レンズが怪しい、過去にインドネシアに行ったようだが目的は?など。しかし、テルアビブの空港ではおよそ半世紀前に日本赤軍による銃乱射事件があった上、現在も民族間、宗教間の問題が絶えないので過剰なセキュリティはもちろん納得だ。
 
 西洋の映画や小説、音楽、美術を鑑賞する上で聖書の知識は欠かせない。それらをもっと深く理解したい!というきっかけで読んだが、教養として身に付けておいて良かったと思っている。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問37ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kasai_laika/
ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ