最上のほめ方

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

旅は呼んでいる。
vol.10 エジプト

2018-07-26

 「明日死ぬかどうかーそれは俺達にはわからないだろう?だから、今日という日を大切に過ごすんだよ」。ナイル川に沈む夕陽を、ひとり船べりに腰掛けうっとり眺めていると、ファルーカ(帆船)の船長がそう語りかけてきた。あまりの唐突さと啓示のような言葉に驚いたが、非常に感銘を受けた。
 
 “ギザの三大ピラミッド”、古代エジプト王達が眠る“王家の谷”、ツタンカーメンの黄金のマスクが展示されている“考古学博物館”、その他いくつもの神殿が点在しどれも素晴らしかったが、最も感動したのは“アブ・シンベル小神殿”だった。隣国との戦争に勝ち続けて領土を広げ、九十歳まで生きたラムセス二世。神殿は、彼が愛した王妃ネフェルタリに捧げたもので、内部の王妃のレリーフは保存状態が良く、色彩も残りとても美しく描かれていた。王と王妃は、三千年後もこうして愛し合った証が遺され、多くの人間に見られることを知っていただろうか?
 
 また、シナイ半島にある“聖カタリナ修道院”は、旧約聖書の中でモーセが燃える柴の中から神の声を聞いた場所に建てられたといわれ、神聖視されている。彼はこの後イスラエルの民をエジプトから約束の地へと導いた。このような重要な宗教的史跡に来られたことは、とても意義があったと思う。
 
 食事は、細長い米や短いパスタにトマトソースをかけたコシャリや、現地では高級な鳩など伝統料理を食べたが、暑さのせいか食欲がなく、ひたすら『サッカラ』や『ステラ』というエジプト産ビールを飲んだ。ピラミッド建設時既にビールは存在していたので、労働者達も汗を流した後に冷えたビールをグビっとーいや、その頃冷蔵庫はなかったなと少々気の毒になった。
 
 なお、土産物にはベタだがジャッカルの頭のアヌビス神や猫のバステト神、ハヤブサのホルス神などの置物は、少々重たいが部屋で強烈なインパクトを放ってくれるのでおすすめ。
そういえば「次はハネムーンにおいで」と言った船長との約束は、未だ果たせそうもない。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問37ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kasai_laika/
ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ