最上のほめ方

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

旅は呼んでいる。
vol.9 オーストラリア ~シドニー、ゴールドコースト~

2018-07-12

 「××航空××便成田行きは機械系統のトラブルのため欠航となりました」。空港に到着してそんなアナウンスが流れたら、おそらく多くの人間が「勘弁してよ!」と思うだろう。周囲では、明日は大事な客先でプレゼンテーションが、出張が、本社会議が…と阿鼻叫喚。しかし筆者は急ぎの予定も無かったので、航空会社がどのような対応をしてくれるのか楽しみに身を委ねることにした。
 
 結果、ゴールドコーストで二泊させてもらってから帰国の途に就いた。実は行きたい土地だったので“棚からぼた餅”としか言いようがない。サーファーの聖地で有名な場所だが、ちょうどザトウクジラが見られる期間だったのでホエールウォッチングを楽しんだ。風が強くボートはかなり揺れたが、ダイナミックなジャンプをばっちりと鑑賞出来て大満足。
 
 そして、最終目的地であったはずのシドニーでは、ジェノラン・ケーヴスという世界最古の鍾乳洞へ。鍾乳洞自体にも興味はあったのだが、一番見たかったのはここにある『ストロマトライト』。約37億年前から存在する藍藻というバクテリアの一種が長い年月をかけて何層にも堆積し岩石となったもので、彼らが光合成を行い、酸素を排出したおかげで生命が進化したといっても過言ではない、ロマンのつまったお宝である。が、残念ながら落石のため立入禁止で見られなかった。
 
 落ち込んでいた筆者を元気づけてくれたのが、シドニーで食べた生牡蠣。現地の日本人に、こちらで生の牡蠣を食べても大丈夫でしょうか?と念の為確認したところ、ノロウイルスによる食中毒になったという話はほとんど聞いたことがないという。さらに、シドニーの牡蠣は絶品だよ!とおすすめするので頂いてみたところ…こんなに美味しいなんて!と感激し、一日で少なくとも20個は完食した。
 
飛行機のトラブルも、時に良い思い出となる。予定が詰まっている場合は臨機応変の対応が求められるが、それも経験値が上がるきっかけになり得る。ああそれにしても、あの生牡蠣が恋しいー。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問37ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kasai_laika/
ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ