最上のほめ方

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

旅は呼んでいる。
vol.8 オーストラリア ~ケアンズ、エアーズロック~

2018-06-21

 スキューバダイビングを始めた頃から、いつかは潜ってみたかったグレートバリアリーフ。その名の通り世界最大のサンゴ礁地帯では、透明度はどうだろう、いったいどんな魚が見られるだろう?
 
 「サンゴが白化している…」。ケアンズから2時間ほどの位置にあるミコマスケイ付近で潜ったところ、前日の雨で透明度は良くなかったが、カマスやチョウチョウウオ、ギンガメアジ、アネモネフィッシュ(ニモ)など比較的メジャーな魚を多々確認出来た。しかし、気になったのは広範囲で白化したサンゴたち。実は、2016年の熱波の影響で多くのサンゴがダメージを受けており、今年に入り豪政府は413億円をかけてグレートバリアリーフの保護対策を行うと発表している。地球温暖化を、気温だけではなく海からも考えさせられる出来事だった。
 
 パワースポット巡りが趣味というわけではないものの、エアーズロックも訪れたい場所のひとつだった。赤土の大地はセドナに似ておりただ佇んでいるだけで心地が良く、“神聖さ”を感じた。現在は登頂可能だが、来年以降禁止されるそうだ。そもそも先住民アボリジニの聖地であるし、環境保全のためにも個人的にはその方がいいように思う。なお、宿泊は南半球の星空と大自然を堪能するためにもホテルよりキャンプがおすすめ。
 
 オーストラリアはビールの種類が多く、銘柄を覚えるのは困難だが“グレートノーザン”というマカジキの絵が目印のビールは飲みやすく、ぐいぐいといけた。恒例の現地食は“オーストラリアン・オードブルの盛り合わせ”。内容は、エミューのワンタン、カンガルーとクロコダイルの燻製、グリーンアンツとサーモンのマリネ…グリーンアンツ?見た目はそのまま蟻で味はよくわからなかったが、他はどれも意外なほど美味しかった。
 
 動物園“ワイルドライフ・ハビタット”でワニやコアラと一緒に記念写真を撮ったあと、シドニーに立ち寄って帰国する予定だった。が、トラブルで図らずも延泊することに。(次回へ続く)


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問37ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kasai_laika/
ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ