最上のほめ方

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

旅は呼んでいる。
vol.4 フランス 〜パリ〜

2018-04-26

 パリはストライキの真っ只中。鉄道や飛行機が一部運休だが、大きな混乱はない。フランス革命以来、トリコロールの旗に「自由・平等・博愛」を掲げてきただけありストライキには寛容なようだ。


 さて、そのフランス革命で有名な人物といえばマリー・アントワネット。彼女が暮らしたヴェルサイユ宮殿は贅の限りが尽くされていて、革命の一因となった国の赤字は王室の浪費によるものではないという定説に疑念を抱いてしまう。その広大な敷地の一画に、煌びやかな宮殿とは対照的な“農村”が存在する。現実逃避のために王妃が田舎の農村に似せて作らせたもので水車や葡萄畑もあり美しく、まるでおとぎの国に迷い込んだよう。宮殿からは少し遠いが、のんびりと散策するには丁度いい。


 史跡として、五つ星ホテル“リッツ”もぜひ。ベル・エポック全盛期には『失われたときを求めて』の作者プルーストや詩人のジャン・コクトーが、第二次大戦中にはパリ陥落に伴いヘルマン・ゲーリング率いるナチスに占領されるも営業を続け、文豪ヘミングウェイや写真家ロバート・キャパ、ココ・シャネルといった錚々たる顔ぶれが滞在した。そんな歴史を肌で感じたく、ホテル内のレストラン“エスパドン”を訪問。シビレ(牛の胸腺)をいただきながら「かつてここで著名人たちが食事をしたのだなぁ…」と感慨に耽った。


 ルーヴルやオルセー以外にも美術館がたくさんある。今回は、ギリシャ神話や聖書をモチーフにした耽美で幻想的な作風の画家ギュスターヴ・モロー美術館へ。他にもピカソやドラクロワ美術館があり、絵画めぐりだけでもあっという間に時間が過ぎてしまう。

 エルメスやルイ・ヴィトンなど高級ブランドの本店もあるが、例えばナポレオンが食事をした“ル・プロコープ”や、詩人のアルチュール・ランボーとヴェルレーヌがアブサンを嗜んだ“レ・ドゥ・マゴ”を訪れるという楽しみ方もある。ヨーロッパの中でも特にパリは、歴史をおさらいして行くと倍面白いはず!


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

加西来夏

職業:旅する映画ラヴァー。映画の聖地であり、年中カラっとした最高の気候…世界中を旅しているけど、やっぱりL.A.が大好きです。年間視聴映画100本以上、訪問37ヵ国~。好きな言葉は“世界は驚きと奇跡に満ちている”。ブログはhttp://blog.livedoor.jp/kasai_laika/
ご意見はkasai.laika@gmail.comまで




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ