Japan Connection

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

キム・ホンソンの三味一体
vol84 日韓ファミリーイベントお勧めです①

 何度かこのコラムを通してご紹介した日韓ファミリーイベントについてです。たった一人で企画して始めたイベントですが、ボランティアとしてご奉仕を買って出てくださった方々のヘルプのおかげで何とか形になってきました。ある方は、ローテクな私に代わってフェースブックのアカウントやオンラインでの申し込みが出来るページを作ってくださいました。(ちなみにフェイスブックから見られる子供達は我が家の双子ボーイズと娘です。正真正銘の日韓キッズです!)
 fb.me/FOSL.Community
 予約ページ:https://goo.gl/forms/G4ZVWtybbotTZCkn2

 またある方は、イベントのフライヤーを日本のスーパーやお店に貼ったり、コミュニティの色々なメディアにイベント情報の掲載をお願いしたりしてくださいました。さらにはイベント当日の受付や託児、そして参加者達のために特別なケーキを焼いてくださると志願してくださった方々もおられます。

 私達はともすれば人から受けた恩は割と容易に忘れ、受けた傷ばかりをいつまでも憶えているようなところがあるのではないでしょうか。このイベントの準備を通してお会いした日本と韓国コミュニティのサポーターの方々のおかげで、これまで自分の生涯においてお世話になった方々のことを思い起こすことができました。親に連れられて日本に来たばかりの時、放課後に毎日日本語を教えてくださった学校の先生の奥様方や、毎日お弁当を作ってくださった中学校で同じクラスだったT君のお母様をはじめ、大勢の方々から恩を受けて今の自分があると思います。

 このようなことを考えますと、このイベントを企画し準備しているこれまでのプロセスにおいて、すでに日本と韓国両コミュニティの調和とハーモニーの実体を経験しているような気がいたします。日本と韓国の政治的な葛藤にも係わらずお互いのことをフェアに捉えている人々が、ここアメリカの日韓コミュニティに存在するということを知ったことは、私にとって大きな慰めであり励ましです。 
是非ともこの日韓イベントに来られて日韓両コミュニティの調和とハーモニーの実体を再発見していただけたらと思います。10月29日(日)午後2時からです。お問い合わせは (310) 339-9635 または foslcommunity@gmail.com キムまでお願いします!


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

キム・ホンソン

牧師、コラムニスト、元ソーシャルワーカー、3児の父、アシュラムセンター協力牧師。韓国ソウル生まれ。中学2年生の時に宣教師であった両親と共に来日して滋賀県近江八幡市で過ごす。関西学院大学神学部卒業後、兵役のため帰国。その後アメリカの大学院に留学し、 1999年からリトル東京サービスセンターのソーシャルワーカーとして働く。2017年からはアメリカ福音ルーテル教会 (Evangelical Lutheran Church in America) の牧師として聖霊の実 ルーテル コミュニティ (Fruit of the Spirit Lutheran Community) で日本語と韓国語を話す人々のための教会コミュニティ形成のために活動。 2008年8月30日、リトル 東京日韓ハーモニーコンサート主催を発端に、ロサンゼルスの日系と韓国系の交流と理解のための草の根運動にも取り組んでいる。

このコラムへの感想や質問はこちらへ → foslcommunity@gmail.com




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA サボテンブラザーズ Bear Tours





ページトップへ