Japan Connection

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

キム・ホンソンの三味一体
vol65 ぜんのうってなあに?

 新しい年をフルタイムの牧師として迎えました。神の導きと恵みに大いに期待して胸が膨らむと同時に「牧師としてどう歩むべきか」自分なりにあれこれ考えています。先日、インターネットニュースで、ベルギー人のカソリック神父で韓国に着任し、57年目にして名誉韓国人として韓国国籍を授与されたセステベンズ・ディディエ神父の記事を読みました。ディディエ神父は1959年に韓国のある貧しい農村に赴任しチーズ造りを教え、その農村はやがて国内で大きいシェアを誇るチーズの生産地となります。また70年代には、独裁政権に抗議し逮捕され迫害に遭います。80年代に入ると、重度の障害者達のためのホームを作って献身的に働いて来た功労を称えられ、特別国籍授与式が行われたそうです。ただ教会の中でイェスの教えを説いただけでなく、イェスがしたように人々と共に生きることが出来た彼の人生は美しいものだと心に染みました。

 そしてある日曜日、教会帰りの車の中でのことです。今月で6歳半になる娘が「パパ神様はマジックつかえるの?」と聞いてきました。詳しく聞いてみると、彼女のいうマジックは学校の宿題を一瞬で終わらせることが出来るような超能力のことでした。「そんなんじゃなくて神様は全能なんだよ。」というと「ぜんのうって何?」「そうね、私達一人一人はもちろん、宇宙、そして時間さえもつくれるほど何でもできるということだよ。」「でも学校に行く日とかは校長先生が作ったんでしょう?」「それは違う。時間というものを神様が作ってくれたから、月が12回過ぎると一年と呼びましょうと自分達で分かりやすいように決めただけ。でないとお誕生日とか分からなくなるでしょう?」「うん、それはこまる。でもぜんのうってそれだけ?よくわからない。」「うん、そうね。例えば悲しい時も悔しい時も、すぐとなりで大丈夫よってハグしてくれて一緒に泣いてあげることが出来るのが「ぜんのう」なんだよ。」「でも神様はなぜ見えないの?声も聞こえないし…」「それはみんなに平等にするためよ。生まれた時から目が見えなかったり耳が聞こえない子供達だっているからね。神様はどんなに弱くて何も出来ないと思われてる人も絶対に一人きりにしないんだ。それが全能ということよ。」娘に話しながら、そのような全能の愛の神を伝えることの出来る道具として用いられる幸せな人生にしてください、と神に祈る私でした。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

キム・ホンソン

牧師、コラムニスト、元ソーシャルワーカー、3児の父、アシュラムセンター協力牧師。韓国ソウル生まれ。中学2年生の時に宣教師であった両親と共に来日して滋賀県近江八幡市で過ごす。関西学院大学神学部卒業後、兵役のため帰国。その後アメリカの大学院に留学し、 1999年からリトル東京サービスセンターのソーシャルワーカーとして働く。2017年からはアメリカ福音ルーテル教会 (Evangelical Lutheran Church in America) の牧師として聖霊の実 ルーテル コミュニティ (Fruit of the Spirit Lutheran Community) で日本語と韓国語を話す人々のための教会コミュニティ形成のために活動。 2008年8月30日、リトル 東京日韓ハーモニーコンサート主催を発端に、ロサンゼルスの日系と韓国系の交流と理解のための草の根運動にも取り組んでいる。

このコラムへの感想や質問はこちらへ → foslcommunity@gmail.com




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA サボテンブラザーズ Bear Tours





ページトップへ