Nikkan SAN

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

今月の庭仕事
Lesson 48

2011-06-30

 5月、6月は、寒い日が続きましたが、野菜、お元気ですか?
 野菜セミナーの時、講師の方が、口をすっぱくして、土つくりの重要性を語っていましたが、土つくりをちゃんとすれば、たいていのプラントは、育ってくれます。“深植えせず、そのプラントに適した場所に植えれば”の話ですが…。
 自分では深植えに気をつけて植えたつもりでも、時間の経過と共に植えたプラントが沈下してしまい、結果的に深植えと同じ状態になってしまうことがありますので、気をつけて下さい。

 さて、どんなに気を使って植えても、具合の悪いプラントが出てきます。
こういう時、皆さんが何をするのか、目に見えるようです。おそらく、皆さん、肥やしと水をあげるのではないでしょうか?
 水不足と肥やし不足が原因ならば良いのですが、そうでない場合はさらに悪化させてしまいます。水不足と水のやりすぎは、“水を吸収できない”という同じ症状なので、周囲の状況を考慮しながら、判断して下さい。

 さらに悪いことに、このような健康状態の悪い時は、病気が発症しやすいと思ってください。湿度が高い場合、空気中の湿度はコントロールできませんが、込み入った葉をすかすことで、プラントの周りの湿度は下げることができます。
 害虫も益虫でコントロールするか、スネールコントロールを用いるか、または、シトラス(柑橘類)の害虫をメスの匂いで、トラップに誘い込むという風に、匂いを用いてコントロールすることができます。トマトにはマリーゴールドを一緒に植えたら、地中の線虫(ネマトー)をコントロールできます。地上部は、バジル、にら、ミント等のハーブの匂いを使って、害虫を撃退することができます。

 ここで1つ注意したいことは、「ハーブはいい」と早合点してはいけないということです。あまり生育旺盛なハーブを使うと、主作物の生育を阻害しかねませんので、気をつけて組み合わせて下さい。

■今回のコラムニスト:南加庭園業連盟・購買部会長の新垣安徳さん。「今月の庭仕事」の18回目から、自分の経験を元にコラムを書いていて、失敗&成功例まで経験豊富!


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

南加庭園業連盟

SCGF: Southern California Gardeners' Federation
333 S. San Pedro St. Los Angeles, CA 90013

ガーデニングなどに関するお問合わせは、南加庭園業連盟まで(日本語&英語
で)
FAX: (213)628-1330 メール: info@scgf.org

SCGF: 1956年創立、日系庭園業のNPO。日系社会発展に大きく貢献してきた。
現会員数は1300人。




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ