最上のほめ方

ロサンゼルスの求人、クラシファイド、地元情報など

日刊サンはロサンゼルスの日本語新聞です。 記事は毎日更新、求人、クラシファイドは毎週木曜5時更新。

コラム

今月の庭仕事
Lesson 40

2011-03-07

2月のバラの手入れ方法についてです。

 1月のバラの剪定も終り、芽が伸び次々と葉が大きくなってくる頃ですが、バラは根の呼吸が盛んなため、空気の流通が悪くなると生育は止まってしまいます。そこで土が固まるのを防ぐために、良く土を耕し、グロモチやプランテングミックス等を土によく混ぜてやります。これによって保水も排水もよくなり、バラが良く育ちます。
 また、バラは他の植物に比べて生長が早いので、肥料をきちんとあげて下さい。

有機質肥料
 有機質の肥料を使うと葉の色が良くなり、茎も太くなります。チキンマニア(鶏糞)やステアマニア(牛糞)、ボンネル(骨粉、油粕)等がよく使われています。これらの肥料は、土とよく混ぜて使うことが大事です。

無機質肥料
 植木店等で、いろいろな会社が作っているローズフードを売っていますが、これらの化成肥料は粒状になっています。少量ずつ根の回りにばら撒いて、土と軽く混ぜ合わせて使いましょう。

水やりと消毒
 鉢植えも地植えも乾いているようでしたら、この発芽する時期には水をきちんと与えることが大事です。この時期、油虫などの害虫が発生するので、消毒を忘れず、よくローズを観察しながら、スプレーをして害虫からローズを守って下さい。

■今回のコラムニスト:南加庭園業連盟・顧問の小山信吉さん。次回3月9日付けコラムは、南加庭園業連盟・購買部会長の新垣安徳さんです。

ガーデンセミナー予定のお知らせ
 4月3日(日)、午前10時から正午まで、「夏野菜の上手な育て方」についてセミナーを開きます。講師は、昨年と同様、白澤誠さんです。場所は、リトル東京にある南加庭園業連盟会館です。詳細は後ほどお知らせします。


※コラムの内容はコラムニストの個人の意見・主張です。
Facebook   Twieet

南加庭園業連盟

SCGF: Southern California Gardeners' Federation
333 S. San Pedro St. Los Angeles, CA 90013

ガーデニングなどに関するお問合わせは、南加庭園業連盟まで(日本語&英語
で)
FAX: (213)628-1330 メール: info@scgf.org

SCGF: 1956年創立、日系庭園業のNPO。日系社会発展に大きく貢献してきた。
現会員数は1300人。




[ 人気の記事 ]

第230回 碧い目が見た雅子妃の嘘と真

第249回 尻軽女はどこの国に多いか

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 後編

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー① アメリカについてよく知ることが大切

第265回 天才と秀才、凡才の違い

第208回 日本と北部中国に多い下戸

第227回 グレンデールに抗議しよう

特別インタビュー アシュラムセンター主幹牧師・榎本恵氏 前編

第173回 あなたの顔の好みは?

NITTO TIRE 水谷友重社長 ロングインタビュー③ アメリカについてよく知ることが大切



最新のクラシファイド 定期購読
Sakura Reantacar Parexel Japan Graphics ロサンゼルスのWEB制作(デザイン/開発/SEO)はSOTO-MEDIA Bear Tours サボテンブラザーズ





ページトップへ